Pick Up

ロングアイランドシティで創業した人気カフェ「Sweetleaf Coffee Roasters」

先日、ロングアイランドシティのジャクソンズ・イータリー(Jackson’s Eately)でブランチをした後に、すぐそばのスウィートリーフ・コーヒー・ロースターズ(Sweetleaf Coffee Roasters)に立ち寄りました。

お店について

同店は、プラスキーブリッジ(Pulaski Bridge)のクイーンズ側入り口の交差点にある人気コーヒーショップです。現在クイーンズに3店舗、ブルックリンのグリーンポイントに1店舗を展開しています。

今回ご紹介するジャクソン・アベニュー店が、スウィートリーフの第1号店になります。オープンは2008年で、開店当初は今の3分の1のサイズだったそうです。最初は小さかったお店が、人気が出るにつれて狭くなり、徐々に拡張していったんですね(参照)。

創業者はクイーンズ出身のリッチ・ニエト(Rich Nieto)さん。美味しいコーヒーを作ることに情熱を捧げている方で、パソコンを使い、様々なデータを解析しながら、日々コーヒーの研究を続けられてるようです。

店内の様子

お店は19世紀に建てられた歴史的な建物の中に作られました。店内はアンティークなインテリアでまとめられていて、ビンテージ感溢れる雰囲気です。お天気が良い日は、歩道に面した席の壁がオープンテラスになるので、非常に開放的です。

また、奥には「レコードルーム(Record Room)」、レジの横には「ラップトップ・ルーム(Laptop Room)」というサインが設置されていて、仕事や勉強ができる小部屋になっています。

メニュー

基本的にドリンクはコーヒー中心ですが、紅茶やジュースなども販売しています。以下、主なメニューです。

  • コーヒー 3.00ドル
  • アイスコーヒー(Cold Brew)4.25ドル
  • エスプレッソ 3.00ドル
  • ラテ 4.75ドル

またオリジナルブレンドのアイスコーヒー、ロケットフエル(Rocket Fuel)やブードゥーチャイルド(Voodoo Child)なども人気のようです。

今回は、ラテを注文しました。バリスタの方が、ラテアートをしてくれました。マイルドで非常に飲みやすいラテでした。

スウィートリーフは、ロングアイランドシティー内にもう一店舗あり、そちらのお店ではお酒も飲めます。また、プラスキーブリッジを渡ってグリーンポイントに行くと、そこにも1店舗あります。

どのお店も周辺住民の憩いの場になっており、ジャクソン・アベニュー店は、駅からも近いので、朝はここでコーヒーを買って出勤、通学する人も多いようです。マンハッタンの美しい景色が楽しめるガントリー・プラザ州立公園も近くにあるので、今度は散歩のついでにスウィートリーフに立ち寄れたらいいなと思ってます。

地図

関連記事

NY生活ガイドブック

ニューヨーク便利帳Vol.29

最新の2021年度版が販売中!毎年、読者コメントや写真提供で協力させていただいてます。運転免許証の取り方や確定申告のやり方など、ニューヨーク生活に必要な情報が満載。ニューヨークやニュージャージーの紀伊国屋書店でも購入可能です。

更新情報を
FBでお知らせします