Art

巨大なイースターエッグを探すユニークな企画「The Fabergé Big Egg Hunt」

The Fabergé Big Egg Hunt

先日、会社のすぐそばに、巨大なタマゴが設置されたので、一体何かと調べてみたところ、ファベルジェ(Fabergé)という宝石の会社が主催している「The Fabergé Big Egg Hunt」というイースター(復活祭)にちなんだ企画でした。

The Fabergé Big Egg Hunt

アメリカではイースターの日に、飾り付けられたタマゴをいろいろな場所に隠して、子どもたちがそれを探すという遊びをしますが、それをニューヨーク市全体を使ってやってしまおうというのが、今回の企画です。街全体を使ったとても楽しいアイデアですよね。

The Fabergé Big Egg Hunt

ニューヨーク市に設置されたイースターエッグの数はなんと260個以上だそうです。それぞれのエッグは様々なアーティスト達によってデザインされていてとてもユニーク。中にはトミー・フィルフィガーやラルフ・ローレンなどの有名デザイナーがデザインしたエッグもあるそうです。

The Fabergé Big Egg Hunt

とはいえ、いくらなんでも全部を探すのは大変…。なので、まずはエッグハント用のアプリをダウンロードすることから始まります。このアプリを使ってイースターエッグを探し、エッグを見つけたらチェックインするという、なんだか非常に現代的なエッグハントです。

イースターエッグを見つけてチェックインすると、抽選で景品がもらえる権利を得ることもできます。TwitterやInstagramもフルに活用されており、マーケティングの側面からも、様々な試みがされている企画だなと思います。

The Fabergé Big Egg Hunt

そして、それぞれのイースターエッグですが、全て売り物なんだそうです。なので、もしどうしても欲しい!という場合はオークションで購入することができます。果たしてひとついくらになるんでしょうかね。ラルフ・ローレン氏のデザインしたタマゴとか、いいお値段がつきそうな気がします。

ちなみにこのタマゴが売れて出た収益に関しては100%チャリティーにまわされるんだそうです。有名デザイナーの方たちもたくさん参加しているのも、そういったイベントの主旨があるからというのも大きいんだと思います。

The Fabergé Big Egg Hunt

イースターエッグが設置されているのは4月1日から17日までの間です。その後、18日から25日の期間は全てのエッグがロックフェラーセンターに集められ、展示が行われます。こういった街全体を使ったイベントというのは、ニューヨークで生活する人に一体感を生みますし、本当に楽しいですね。ロックフェラーセンターにエッグが大集合した時には、ぜひ僕も足を運んでみたいなと思っています。

関連ガイドブック

ニューヨーク便利帳Vol.28

最新の2020年度版が販売中!毎年、読者コメントや写真提供で協力させていただいてます。運転免許証の取り方や確定申告のやり方など、ニューヨーク生活に必要な情報が満載。ニューヨークやニュージャージーの紀伊国屋書店でも購入可能です。

関連記事

更新情報を
FBでお知らせします