Attraction

タイムズスクエアーの人気者「ネイキッド・カウボーイ」

今日はタイムズスクエアーでギターを弾く「ネイキッド・カウボーイ(Naked Cowboy)」を見かけました。非常に有名な方ですが、彼について詳しいことを何も知らなかったので、少し調べてみました。

以下、彼の簡単なプロフィールです。

・本名はロバート・ジョン・バーク(Robert John Burck)
・1970年12月23日生まれ
・オハイオ州出身
・シンシナティ大学卒(政治学)
・妻はPatricia Cruz Burk
・2009年NY市長選立候補
・2012年米国大統領選立候補

本名はロバート・バークさんで、妻のパトリシアさんもカウガールとして、タイムズスクエアーに現れることがあるそうです。出身はオハイオ州だったんですね。

大統領選にも立候補

ロバートさんは普段はブリーフ一丁でギターを弾いていますが、大学では政治学を専攻しており、ニューヨーク市長選挙やアメリカ大統領選挙にも立候補したことがある社会派です。

上の動画は、2012年の大統領選に立候補した際のスピーチです。これは2010年に行われたもので、長髪をスッキリと切り落とし、裸ではなくスーツを着ています。普段とのギャップに驚かされました。

始まりはベニスビーチ

多くの人が疑問に思うのは、いつからロバートさんはネイキッド・カウボーイをやっているのかということ。

上のインタビュー動画では、その質問に大して、生まれた時からネイキッドだったとユーモアたっぷりに答えてます。

しかし、本当はLAのベニスビーチでカウボーイの格好をしてギターを弾いていたことが始まりだったようです。当時はカントリーの曲を歌いながら、役者やモデル、ミュージシャン、ボディービルダーなどを目指していたんだとか。

しかし、ある時から服を脱ぎ捨て歌を歌ったところ、徐々に注目を集めるようになり、ネイキッド・カウボーイの誕生へと繋がっていったとのこと。

LAからニューヨークに移り、タイムズスクエアーでパフォーマンスを行うようになったのは1998年頃からなんだそうです。

ブリーフにはスポンサー企業が

ちなみに、いつも着用している白いブリーフは下着メーカーのFruit of the Loom社製なんだそうです。同社は2014年からネイキットカウボーイのスポンサーをしています。

ここまでのキャラクターをネイキッドカウボーイ/カウガールは商標取得済みで、オイスターやワインの販売も行なっていたようです。政治家に立候補したり、ビジネスをしたりとかなりのやり手ですね。

言われてみれば、世界的に有名な、これだけのキャラクターを作り上げた方ですからね。ユニークなパフォーマンスに惑わされがちですが、ビジネスセンスを持ち合わせた、非常に才能溢れるエンターテイナーなんですね。

NYにエネルギーを与える存在

ロバートさんは、サービス精神旺盛で、カメラを向けると色々なポーズを取ってくれます。雑談にも気軽に応じてくれて、優しくて楽しい、絵に描いたようなナイスガイ。冬の寒い時期でもブリーフ一丁で街に現れ、道行く人たちに明るいエネルギーを与えてくれる力強い存在です。

チップに関するポリシーも男前で、自分からは決してチップを要求しないんだそうです。でも、何も要求されないと、逆に応援したくなってチップを奮発したくなってしまいますよね。そんな時は、ギターの穴の中に入れればOKです。

というわけで、今回はネイキッドカウボーイこと、ロバート・バークさんのご紹介でした。コロナ禍で観光客が全くいない状況ですが、これからも体調に気をつけてぜひ頑張って頂きたいです!

情報源: Naked Cowboy – Wikipedia

関連ガイドブック

ニューヨーク便利帳Vol.28

最新の2020年度版が販売中!毎年、読者コメントや写真提供で協力させていただいてます。運転免許証の取り方や確定申告のやり方など、ニューヨーク生活に必要な情報が満載。ニューヨークやニュージャージーの紀伊国屋書店でも購入可能です。

関連記事

更新情報を
FBでお知らせします