ニューヨークの秋・ハロウィン

ブルックリンの人気ハロウィンハウス

ブルックリンにこんなハロウィンハウスがあったとは!

この時期、ニューヨークの様々な場所でハロウィン向けの飾り付けがされた家を見かけます。そんな中、インスタグラムで、非常に目をひく一軒家を見つけたので、早速足を運んでみました。

行き方

場所はブルックリンのプロスペクトパーク南側で、アルバマールロード(Albemarle Road)とアーガイルロード(Argyle Road)の交差点です。周辺エリアは大きな家が建ち並ぶ非常に美しいエリアです。

最寄り駅は地下鉄Qトレインの「ビバリーロード(Beverley Road)」駅。今回私はビバリーロード駅から歩いて現地に向かいました。

途中、道の両脇には大きな一軒家が建ち並んでいます。ハロウィンのデコレーションが行われているところが多く、とても楽しい気分になりました。

大人気のハロウィンハウス

駅から歩くこと5分ちょっとで目的地に到着。閑静な住宅街に一際目をひくアミューズメントパークのような一軒家が現れました。

家の前にはひと目見ようとたくさんの見物客で賑わってて、ちょっとした観光地になってました。

超本格的デコレーション

デコレーションは非常に本格的です。建物の全体を使って、様々な装飾が施されてます。家の前にはお墓が!

スピーカーからはゾンビやお化けの叫び声も!さまざまな演出があり、素晴らしかったです。

2階には壁をよじ登り窓から中に入ろうとするガイコツが!家に住んでいる方達が危ない!

小さい子供にはちょっと刺激が強すぎるかもしれませんが、非常にリアルで楽しいお化け屋敷のような家でした。

またこういったハロウィンハウスがあったら、ぜひ訪れてみたいです!

地図

EOS RPでフルサイズに挑戦中

Canon EOS RP

2023年7月に再生品(Refurbished版)を599ドルで購入。APS-C機(EOS Kiss)からフルサイズに乗り換えて写真撮影に挑戦中です。
Canon RF50mm F1.8 STM

2023年7月に購入してEOS RPに装着。2023年は標準レンズといわれる50mmにこだわって、NYの街を撮影してみます。

関連記事

更新情報を
FBでお知らせします