Attraction

気軽に南国リゾート気分が味わえるロングアイランドの島「ファイアーアイランド」

週末を利用して、日帰りでファイアー・アイランドに行ってきました。ファイアー・アイランドはマンハッタンから電車、バス、フェリーを利用して約2時間ほどの場所にある、細長い島。ニューヨークから日帰りできるお手軽リゾートとして人気の場所です。

移動用にチケットを購入

 

Fire Island Ferry Ticket, originally uploaded by shinya.

今回僕はビーチパッケージを購入してファイアーアイランドに行きました。電車、バス、フェリーの三枚のチケットが一緒に購入できます。別々に買うよりもディスカウントされていました。
MTA LIRR – Beach Packages – Ocean Beach

この他にもいろいろパッケージがあって、灯台を見に行きたい場合はKismet/Fire Island Lighthouseパッケージ、Sunken Forestに行きたい場合はSunken Forestパッケージを購入します。いろいろ見所の多いファイアー・アイランドですが、日帰りの場合はどれか一つを買って行くことになると思います。

さて、こちらがジャマイカ駅から出発しているLIRR(Long Island Rail Road)です。ロング・アイランドを横断するこの鉄道、ニューヨークの日本人の間ではロン鉄という愛称で親しまれてます。

 

LIRR, originally uploaded by shinya.

今回はこのLIRRでまずベイ・ショアー駅(Bay Shore Station)まで行きました。

 

Bay Shore Station, originally uploaded by shinya.

駅を降りると目の前にシャトルバスが待機してくれてました。これがフェリー乗り場まで連れてってくれます。僕はパッケージを買っていたので、チケットを買う必要もなし。スムーズに乗れました。

 

Fire Island, originally uploaded by shinya.

駅からバスで5分ほどで、フェリー乗り場に到着します。ここからファイアー・アイランドのさまざまな場所へとフェリーが出航しています。今回はオーシャン・ビーチ行きのフェリーに乗りました。

 

Fire Island Ferry, originally uploaded by shinya.

こちらがベイ・ショアーとファイアー・アイランドを往復しているフェリー。

 

Fire Island Ferry, originally uploaded by shinya.

さて、いざ、出航です。この船旅ですが、思ったよりも本格的でワイルドでした。一旦船着き場を離れると、360度、完全に海になります。小さな船なので、ちょっぴり心細くなって、途中で沈んだらどうしよう…なんて不安がよぎったりよぎらなかったり。…って全く心配ない感じでしたけどね。

 

Fire Island Ferry, originally uploaded by shinya.

波にゆられること約30分。遠くのほうにファイアー・アイランドの中心地であるオーシャン・ビーチ(Ocean Beach)の街並が見えてきます。

 

Ocean Beach, originally uploaded by shinya.

小さな港町で、なんだか、随分と遠くに来てしまったように感じます。もはやニューヨークにいることを完全に忘れてしまいました。

 

Ocean Beach, originally uploaded by shinya.

ファイアーアイランドの街並み

 

Ocean Beach, originally uploaded by shinya.

こちらがフェリーが到着したここオーシャン・ビーチ(Ocean Beach)です。

船が到着する場所の周辺には、レストランやお土産のお店などが並んでいてとても賑やか。でも、雰囲気が独特なんですね。海に囲まれた小さな島に来たんだな〜と実感します。

 

Ocean Beach, originally uploaded by shinya.

お店が並ぶメインストリートを少しはずれれば、そこは静かな住宅街。車は乗り入れ禁止になってます。そんなわけで移動手段は徒歩か自転車。買い物や、大きい荷物の移動には、こういったカートを使っているみたいです。

 

Ocean Beach, originally uploaded by shinya.

ファイアー・アイランドは縦に約50キロほどの長さがあるんですが、横は本当に細いんですね。一番幅が広いところで約400メートル。細いところではたったの160メートルしかないそうです。


より大きな地図で ニューヨークお散歩通信マップ を表示

船着き場の反対側へは、こんな感じの小道が続いています。小道の途中には別荘と思われる、大きくて奇麗な家がズラリと並んでいました。上の地図の青い線が今回歩いた道です。

 

Ocean Beach, originally uploaded by shinya.

途中、鹿が道ばたで休んでいるのを発見。鹿も人に慣れているのか、まったく怯えてませんでした。

 

Ocean Beach, originally uploaded by shinya.

ファイアーアイランドのビーチ

 

Ocean Beach, originally uploaded by shinya.

300メートルほど小道を歩いて、反対側に抜けると…

そこには大きな空と大西洋が広がっていました!

 

Ocean Beach, originally uploaded by shinya.

真っ白な砂浜は、どこまでも長く続いてます。

 

Ocean Beach, originally uploaded by shinya.

結構波が高いので、子どもたちも大はしゃぎ。でも、ちゃんとライフガードさんが監視してくれてます。もう夏も終わりということで、みんな過ぎ去る夏を惜しむように海遊びを楽しんでいました。

 

Ocean Beach, originally uploaded by shinya.

というわけで、今回はファイアー・アイランドのご紹介でした。ダラダラといろいろ書いてはみたものの、他にもこの島には見どころがたくさんあるようで、全く魅力を伝えきれていないと思います。ぜひもう一度この島を訪れて、またの次の機会に体験記を追加できればと思います。

 

Ocean Beach, originally uploaded by shinya.

関連ガイドブック

ニューヨーク便利帳Vol.28

最新の2020年度版が販売中!毎年、読者コメントや写真提供で協力させていただいてます。運転免許証の取り方や確定申告のやり方など、ニューヨーク生活に必要な情報が満載。ニューヨークやニュージャージーの紀伊国屋書店でも購入可能です。

関連記事

更新情報を
FBでお知らせします