Guide Winter

ニューヨークの冬を彩る定番ホリデーツリー6選

ニューヨークの冬の風物詩といえば、華やかな電飾が施されたホリデーツリーです。最も有名なロックフェラーセンターを筆頭に、ニューヨークでは様々な場所に華やかなツリーが設置されます。この記事では、個人的に最も印象に残っている6つのツリーをご紹介します。

1.ロックフェラーセンター

毎年ミッドタウンのロックフェラーセンター(Rockefeller Center)に設置されるニューヨークで最も有名なツリーです。12月上旬に行われる点灯式の様子は世界中の国々で放送され、冬のニューヨークを象徴する存在です。ツリーの向かいに建つサックスフィフスアベニューでは、音楽に合わせて建物の壁面に映像を映し出すライトショーが行われます。ホリデーシーズンは常に観光客で溢れる超人気スポットです。

2.ブライアントパーク

ロックフェラーセンターから数ブロックの場所にあるブライアントパーク(Bryant Park)でも、毎年12月に大きなクリスマスツリーが設置されます。ウインタービレッジと呼ばれるホリデーマーケットが開催されるため、園内にはたくさんのギフトショップが並びます。スケートリンクも設置されるため、冬のニューヨークを満喫するには絶好の場所です。

3.マディソンスクエアーパーク

三角形のフラットアイロンビルそばに広がるマディソンスクエアーパーク(Madhison Square Park)でも毎年12月にツリーが設置されます。実はアメリカ国内で初めて公共ツリーの点灯式が行われたのがこの公園で、100年以上前の1912年2月のことでした。当時は発明王エジソンの会社が作った2300個の電球を使って装飾が行われたそうです。ロックフェラーセンターやブライアントパークと違い、観光客が少ないので、ゆっくりとツリーを鑑賞できます。個人的にはニューヨークで一番好きなツリーです。

4.ワシントンスクエアーパーク

ニューヨーク大学に隣接するワシントンスクエアーパーク(Washington Square Park)では、毎年12月に公園のシンボルである白いアーチ(Washington Square Arch)の下にツリーが設置されます。このツリーは、マディソンスクエアーパークに次いで、ニューヨークで2番目に歴史があります。最初に点灯式が行われたのは1924年のことでした。

5.ニューヨーク証券取引所

毎年12月上旬、ウォール街のニューヨーク証券取引所(New York Stock Exchange)前にも大きなツリーが設置されます。ツリーの点灯式には各界から大物セレブが登場することでも話題になります。夜は観光客も少なく、静かに鑑賞できます。

6.シーポートディストリクト

ウォール街から数ブロック離れた場所にあるシーポートディストリクト(Seaport District)にも毎年12月に大きなツリーが飾られます。レストランやギフトショップが集まっているので、ホリデーショッピングついでに立ち寄るのがお勧めです。Pier17にはルーフトップに屋外スケート場が設置され、マンハッタンの高層ビルやブルックリンブリッジを眺めながらスケートができます。

MAP

関連書籍

このブログを通じて、いくつか写真掲載のお話をいただきました。どれもニューヨーク情報満載の素晴らしい本なのでご紹介させていただきます。

ニューヨーク便利帳

読者コメントや写真提供で協力させていただきました。ニューヨーク生活に必要な情報が満載です。ニューヨークやニュージャージーの紀伊国屋書店でも購入できます。

ニューヨーク便利帳Vol.28
Y's Publishing
Y's Publishing Co., Inc. (2020-01-10)
売り上げランキング: 207,029

Subway Adventure Guide

カイルさんとエイミーさんが作成したガイドブックです。MTAの駅を途中下車して楽しめるように構成されています。カイルさんが僕の写真をFlickrで見つけてくれて、ガイドブックの中の1枚として使ってくれました。


今、ニューヨークでやりたいこと。

ニューヨークマラソンの特集ページ向けに写真を提供させていただきました。ニューヨークの今を楽しむための最新情報が満載です。Amazonで絶賛発売中!


更新情報を
FBでお知らせします