おすすめ写真撮影スポット

落書きで覆われた長さ300メートルのトンネル「191st Street Tunnel」

ワシントンハイツにこんな長い落書きトンネルがあったなんて…。

先週末、地下鉄1番線の191ストリート駅を初めて利用しました。改札を出て、地上に出ようとしたところ、落書きまみれの長いトンネルを見つけました。これには本当に驚かされました!

トンネルの場所

このトンネルがあるのは、マンハッタンの北西部、ワシントンハイツと呼ばれるエリアで、近くには観光名所として人気が高いクロイスター美術館があります。

トンネルはブロードウェイ沿いの入り口と改札を結んでおり、なんと長さは約300メートルもあるそうです。こんな長い歩行者用のトンネル、人生でもあまり通った記憶がありません。いや、ほんと長いんですよ。

グラフィティーについて

1990年代、このトンネルは暗くて管理が行き届いていないこともあり、犯罪が多発していたそうです。それを改善するために明るい照明が設置され、プロのアーティストに依頼して壁に明るいグラフィティーを描いてもらうようになりました。

現在のグラフィティーが描かれたのは2015年です。作業をするアーティストは公募され、158名もの応募があったそうです。その中から、最終的に6名のアーティストが選ばれ、一週間をかけてグラフィティーがトンネルに描かれました。6名の中には世界的に有名なAndrea Von Bujdossさんなども含まれており、各アーティストは1万5千ドル(約166万円)の賞金を受け取ったそうです(参照)。

現在の状況

ただし、現在はトンネル内のグラフィティーはかなりカオスな状態です。2015年に完成した当時は美しかったんだと思いますが、そこから様々な人による落書きが上塗りされていて、なんだかよくわからない状況になっています。

これはこれでニューヨークらしいのですが、地面にはゴミや水溜りも多いので、お世辞にも綺麗なトンネルとは言えません。すごいスピードで自転車を走らせる人ともすれ違いましたし、やや不穏な雰囲気があるのは否めません…。

まとめ

しかし、やはりこの壁のグラフィティーには圧倒的な迫力がありますし、こういった場所が見れるのはニューヨークならでは。非常に魅力的な場所なので、また機会があれば訪れてみたいと思います(ただし夜間は避けて…)。

以前であれば、クイーンズにも落書きまみれのビル「5 Pointz」がありましたが、再開発ですでに取り壊されてしまいましたし。そのためこの191番ストリート駅のトンネルは、ストリートアートを語る上で、非常に貴重な場所だと思います。

地図

EOS RPでフルサイズに挑戦中

Canon EOS RP

2023年7月に再生品(Refurbished版)を599ドルで購入。APS-C機(EOS Kiss)からフルサイズに乗り換えて写真撮影に挑戦中です。
Canon RF50mm F1.8 STM

2023年7月に購入してEOS RPに装着。2023年は標準レンズといわれる50mmにこだわって、NYの街を撮影してみます。

関連記事

更新情報を
FBでお知らせします