News

9月1日より「日産NV200」が正式にニューヨーク市の標準タクシーに

Nissan Yellow Cab

9月1日から、ついに日産のNV200がニューヨークの標準タクシーとなりました! ニューヨークの次世代タクシーに選ばれてからも、今まで様々な議論を呼び、話題になっていたNV200ですが、ついに標準タクシーとなる日を迎えました。 Meatpacking District

Curbed New York」によると、現在はまだ1万3千台のイエローキャブのうち、日産NV200は約750台だそうです。しかし、今回の標準化を機に、今後は80%程度がNV200となることが予想されています。

Meatpacking District

NV200には、携帯の充電装置や、スライディングドア、サンルーフ、温度調整のコントローラーなどが装備されており、乗客は室内でより快適に過ごすことができるようになっています。 Times Square

次世代タクシーがこの車に決まった当初は、デザインがニューヨークの街並みに合うのかな?と懸念していましたが、きっとこれは慣れていくんでしょうね。乗り心地は確かに快適だし、今後ゆっくりとニューヨーカーにも愛されていくのかなと思います。

情報源: The Taxi of Tomorrow Finally Becomes the Taxi of Today

関連ガイドブック

ニューヨーク便利帳Vol.28

最新の2020年度版が販売中!毎年、読者コメントや写真提供で協力させていただいてます。運転免許証の取り方や確定申告のやり方など、ニューヨーク生活に必要な情報が満載。ニューヨークやニュージャージーの紀伊国屋書店でも購入可能です。

関連記事

更新情報を
FBでお知らせします