App

Uberに追いつけるか!?イエローキャブ用タクシー呼び出しアプリ「アーロ(ARRO)」登場

スクリーンショット 2015-08-27 11.41.25 PM

ついにイエローキャブの反撃が始まるのか!?

ニューヨークでUberのサービスが始まって4年以上が過ぎて、その便利さ、安さから多くのニューヨーカーがUberを利用するようになりました。僕もそのうちの一人で、最近ではほとんどイエローキャブを使っていません。

しかし、最近「Arro(アーロ)」という新しいイエローキャブ&グリーンキャブ向けのアプリが登場して話題となっています。車がつかまらない、料金がわかりにくい、運転が荒い、支払いが面倒臭いなど、多くの問題を抱えていたイエローキャブですが、これで巻き返しがはかれるのかが注目されています。

「Arro」は、Uberに非常に似たインターフェイスを持っています。アプリを立ち上げて「NEED A TAXI」ボタンを押すと、近くにいる空車のドライバがピックアップしに来てくれます。もちろんクレジットカードを登録しておけば、支払いも自動でできるため、降りる際に料金やチップをドライバーに払う手間も省けます。

Uberとの違いは、車の利用率による料金の変動がないこと。Uberは雨の日や、夜中など、利用客が多い場合に料金が上がることがあります。しかし、Arroを使うとそれがなく、料金は常に一緒です。これはArroのアドバンテージとなりますが、そういう時はタクシーが全くつかまらないと思いますし、まだなんとも言えません…。

通常はまだUberのほうが料金が安いため、果たしてこの「Arro」の登場によってUberとの差がどの程度縮まるかは未知数の部分があります。しかし乗客としては、こういった競争でサービスの質が高まり、オプションが増えるというのはよいことなので、ぜひとも「Arro」にも頑張ってもらいたいなと思っています。

Arro – E-Hail With No Surge Pricing from Corbin Visual on Vimeo.

情報源: Arro – Your Taxi, Your Way

関連記事

関連書籍

このブログを通じて、いくつか写真掲載のお話をいただきました。どれもニューヨーク情報満載の素晴らしい本なのでご紹介させていただきます。

ニューヨーク便利帳

読者コメントや写真提供で協力させていただきました。ニューヨーク生活に必要な情報が満載です。ニューヨークやニュージャージーの紀伊国屋書店でも購入できます。

ニューヨーク便利帳Vol.28
Y's Publishing
Y's Publishing Co., Inc. (2020-01-10)
売り上げランキング: 207,029

Subway Adventure Guide

カイルさんとエイミーさんが作成したガイドブックです。MTAの駅を途中下車して楽しめるように構成されています。カイルさんが僕の写真をFlickrで見つけてくれて、ガイドブックの中の1枚として使ってくれました。


今、ニューヨークでやりたいこと。

ニューヨークマラソンの特集ページ向けに写真を提供させていただきました。ニューヨークの今を楽しむための最新情報が満載です。Amazonで絶賛発売中!


更新情報を
FBでお知らせします