News

MTAが5年間で約5兆6千億円を投じる改善案を発表

86th street subway station
MTAが515憶ドル(約5兆6千億円)の資本計画を発表しました。2020~2024年の間に、老朽化が激しい地下鉄の信号システムを改善したり、車イス用のエレベーターを駅に新設するなどの計画が盛り込まれています。

本プランの内訳は以下の通り!

71億ドル:地下鉄信号システム近代化
61億ドル:1900台の新地下鉄車両導入
52億ドル:70の駅のバリアフリー化
46億ドル:地下鉄2Ave線の工事
35億ドル:2400台の新型バス導入

果たしてどこまで実現できるのか、見守りたいと思います。頑張れMTA!

情報源: MTA’s ‘historic’ $51.5B plan to improve NYC transit gets the green light – Curbed NY

関連ガイドブック

ニューヨーク便利帳Vol.28

最新の2020年度版が販売中!毎年、読者コメントや写真提供で協力させていただいてます。運転免許証の取り方や確定申告のやり方など、ニューヨーク生活に必要な情報が満載。ニューヨークやニュージャージーの紀伊国屋書店でも購入可能です。

関連記事

更新情報を
FBでお知らせします