Architecture Manhattan

様々な映画に登場するセントラルパークの「Bow Bridge」を渡ろう

Untitled

先週末の日曜日、曇り空で朝方は霧が出ていたんですが、暖かかったのでセントラルパークを散歩してきました。その際に、いつも何気なく渡っていたボウ・ブリッジ(Bow Bridge)の写真を撮ってみました。

水面に映る反射が美しくて、本物の橋と一緒に見ると、楕円形の円を描いたように見えます。この橋の写真を撮る時は、この反射を入れるのが重要なんですね!この日初めて気がつきました。そういえば、ガイドブックにあった橋の写真も反射が必ず写ってた気がします。

橋は鋳鉄製で、約18メートルあります。古代ギリシア様式のデザインで、19世紀の半ばにCalvert VauxさんとJacob Wrey Mouldさんによって設計されたそうです。場所はセントラルパークの西側、ストロベリー・フィールズから歩いてすぐの所にあります。

情報源: Bow Bridge in Central Park

ニューヨークで暮らそう!

ニューヨークに長期滞在される方にお勧めのガイドブックです。分厚いですが、家に1冊あると安心。僕も写真やコメントを提供してます!
ニューヨーク便利帳Vol.27
Y's Publishing
¥ 4,536
Amazon.co.jp

更新情報を
FBでお知らせします