News

全く役に立たない!ニューヨークの地下鉄でイスに座る方法を紹介する動画が話題に

いつもユニークなビデオを作ってくれるGothamistが、「How To Score A Seat On The Subway」という動画を公開しました。

この動画では、地下鉄に乗る人なら誰もが考えたり見たりしたことがある、空いたイスに座るためのテクニックが紹介されています。

  1. ブルドーザー(The Bulldozer):割り込んで一番に電車に乗り込む
  2. パーチ(The Pearch):狭くても空いたスペースを見つけたら、羽を閉じるようにしてチョコっと座る
  3. スライド(The Slide):滑り込むように座り二人分の席を確保する
  4. アップグレード(The Upgrade):広い席を見つけたら移動する
  5. ピック&ロール(The Pick and Roll):席が空いたと同時にするりと入れ替わって座る(バスケ風に)
  6. マイグレーション(The Migration):混みすぎている場合は、逆方向の電車に座って様子を伺う
  7. スクイーズ(The Squeez):横の人を押して、座るスペースを強引に作り出す

どれも、全く役に立たないテクニックです…。

でも、1のブルドーザーとか、わりとよく見る光景です。アグレッシブな人いますからね。車内の人が降りてないのに、それをかき分けて中に入って強引に席に座る人が多いこと…。

あと、よく見かけるのが2のパーチですね。3人がけのイスの真ん中だけが微妙に空いている時、座るべきかどうするか迷います。基本、僕はそういう場合は無理に入って座ることはしないんですが、強引に行く人、結構いますよね。えっ、行けるの?座れるの?みたいな…。

どれも誰もが一度は考えたり、見たことがある光景なので、あるある的な部分に共感して楽しむものなんでしょう。そう考えると、電車のマナーをあらためて考え直すための、すごく良い動画に思えてきました…。さすがGothamist!

写真提供で協力しました

ニューヨークマラソンの特集ページ向けに写真を提供させていただきました。ニューヨークの今を楽しむための最新情報が満載です。Amazonで絶賛発売中!


更新情報を
FBでお知らせします