News

「6S」はやめてくれ!NY拠点マーケティング会社によるApple社への懇願書が話題に

IMG_28742-1000x625

Image courtesy of 6S Marketing

さすがはマーケティング会社!

今月、Appleが新型のiPhone 6Sを発表すると噂されていますが、それに対してニューヨークに本社を構える「6S Marketing」というマーケティング会社が、6Sという名称はやめてほしいと懇願書を作成して話題になっています。

Apple社への懇願書が公開されているのは「6Sマーケティング(6S Marketing)」社の自社ウェブサイトです。ここではiPhone 6Sという名称はやめて、iPhone 7にしてほしいという同社の希望が書かれています。

we’re super excited about the upcoming launch of your next iPhone, and have heard the rumors that you’re calling it the “iPhone 6S.” We would like to urge you to reconsider.

要約すると、新しいiPhoneの発表はエキサイティングだけど「6S」という名称はどうか勘弁してくれ!といったことになるでしょうか。他にも、懇願書にはどうして同社が社名を「6S」にしたかが説明されています。

Times-Square1

Image courtesy of 6S Marketing

これ、完全に今回のiPhone 6S発表に便乗した、同社のマーケティングだと思われます。ウェブ上ではこの懇願書が相当話題になってますし、見事に同社の名前を世界に知らしめることに成功しています。ここぞとばかりにやったんでしょうね。さすがはマーケティング会社!

これによって、Apple社が、新型iPhoneの名前を「7」に変えることはないと思いますが、もし「7」になったらそれはそれでまた面白いことになりますね。Appleの次回イベントは9月9日に予定されています。はたしてどんな発表があるのか、今から楽しみです。そして「6S Marketing」のみなさん、グッドジョブ!

情報源: Dear Apple, please call it the iPhone 7. #WeAre6S

写真提供で協力しました

ニューヨークマラソンの特集ページ向けに写真を提供させていただきました。ニューヨークの今を楽しむための最新情報が満載です。Amazonで絶賛発売中!


更新情報を
FBでお知らせします