News

年間300万人以上の来場が見込まれる「ワン・ワールド展望台」に行こう

One World Trade Center

先日もご紹介しましたが、5月29日金曜日にワン・ワールド・ドレード・センター(1 World Trade Center)の展望台が一般公開されます。2001年の悲劇から14年の歳月がたってのオープンとなります。

ワン・ワールド・ドレード・センターの高さは1776フィート(541メートル)で、展望台があるのは、1250フィート付近の100階と102階部分です。展望台にはニューヨークの歴史や街並みを楽しむための様々な仕掛けが用意されており、食事ができる場所も3箇所あるそうです。写真は今月新しくオープンしたチェルシーのホイットニー美術館の展望デッキから見えた同ビルの姿です。

エレベーターに乗ると60秒で展望台に到着するそうです。エレベーターの上昇に合わせて、壁には500年前から現在に渡りマンハッタンの摩天楼がどのように発展を遂げたかの様子が映し出されます。

入場料は大人1人32ドルから。これに15ドルを追加すると、ガイド機能がついたタブレット端末が利用できるそうです。

今までマンハッタンの展望台といえば、エンパイアー・ステート・ビルディングとトップ・オブ・ザ・ロックが大きな選択肢でしたが、これで第3の選択肢が加わり、ますます観光客が増えそうです。ワン・ワールド展望台は、年間で約300万人から400万人の来場を見込んでいます。

情報源: Early Views From New World Trade Center Observatory

NYお勧めガイドブック

ニューヨークで暮らすための情報が最も充実したガイドブックです。僕も写真やコメントを提供して制作に協力しています。ニューヨークの紀伊国屋書店でも購入可能です。

ニューヨーク便利帳Vol.26
Y's Publishing
Y's Publishing Co., Inc. (2018-01-01)
売り上げランキング: 188,098

更新情報を
FBでお知らせします