Manhattan Park

ハドソン川が目の前に広がるハイラインの最終セクションを歩こう

The High Line (Section 3)

おそばせながら…。

9月にオープンしたハイラインの第3セクションにやっとこさ行ってきました。第3セクションは、再開発が急ピッチで進んでいるエリアにあり、まだまだこれから整備が進んでいく様子でしたが、非常に楽しい散歩が楽しめました。

The High Line (Section 3)

今回は、第2セクションと第3セクションの区切れ目となっていた30th Streetと10th Avenueから散歩をスタート。ペンステーションで地下鉄を降りて数ブロック歩くとここにたどり着けます。

The High Line (Section 3)

見所その1:開発が進むハドソンヤード

噂には聞いてましたが、ハドソンヤードって本当に巨大なプロジェクトなんですね…。第3セクションのスタート地点では工事が急ピッチで進んでいました。このエリアには2018年までに、5楝のオフィスビルが建設されていて、100以上のショップが入るとのこと。ビルのうちの1楝はエンパイアーステートビルディングよりも高くなる予定なので、ここに大きな街がひとつできるイメージですね。

2014-11-22 11.33.19

10 Hudson Yardsというビルはハイラインと直結する予定で、現在は以下のような状態です。いや〜、これでハドソンリバー沿いにかなりの人が集まってきますね。新しい街の導線として、ハイラインが有効活用されてます。

2014-11-22 11.31.14

近い将来、ジャビッツセンターでのコンベンションに参加して、ハドソンヤードで買い物、そしてハイラインを歩いてチェルシーまで行くなんてことが気軽にできるようになるわけです。人の流れが劇的に変わりますね。

The High Line (Section 3)

見所その2:新登場「パーシング・スクエアー・ビームズ」

第3セクションを歩き始めると、第1や第2セクションになかった新しい試みに気付かされます。線路の上が歩けるようになったり、テーブルが設置されて、ランチやピクニックができるようになりました。子供達の遊び場「パーシング・スクエアー・ビームズ(Pershing Square Beams)」もそのユニークさで話題になっています。

The High Line (Section 3)

テーブルやイスは、第1、第2セクションと同様、線路や電車を思わせる直線的なデザインが採用されています。

The High Line (Section 3)

こちらが第3セクションで最もユニークな場所「パーシング・スクエアー・ビームズ(Pershing Square Beams)」です。迷路のような形になった子供達向けの遊び場です。一見鉄が組み合わされているように見えますが、転んでも大丈夫なように柔らかい素材でコーティングされているので安心です。

The High Line (Section 3)

モグラ叩き的な?こんな楽しい仕掛けもあって、子供だけでなく大人たちも楽しめます。かなりシュールですが、これは必ずやって記念撮影したいところですね。

Pershing Square Beams

見所その3:広々としたハドソン川の眺め

第3セクションの特徴が、広々とした眺めを楽しめること。第1、第2セクションは建物の間をすり抜けていきますが、第3セクションは、視界がぱっと開けて、西側には常にハドソンリバー、東側にはミッドタウンの摩天楼が楽しめます。

The High Line (Section 3)

ハドソン川の向こうはニュージャージー州です。

The High Line (Section 3)

橋の下にはハドソンパークウェイが走ってます。この日はかなり渋滞してました…。

Yellow Cabs

ロングアイランド鉄道の車庫のまわりをグルリと歩いていきます。

The High Line (Section 3)

こちらはハドソン川沿いのヘリポートから飛び立つヘリコプター。

Helicopter

今まではあまり人も来なかった地域ですし、開発まっただ中なので、決して美しい眺め…とはいえませんが、これからですね。ここ数年で、このエリアの景色は相当変わるはずです。

The High Line (Section 3)

番外編:ハイライン散歩の後は…

第3セクションはジャビッツセンターのすぐ横で終わります。地下鉄の駅から離れていて、何もないエリアです…。なので、数ブロック先にあるゴッサム・ウエスト・マーケットに立ち寄り、アイバンラーメンでランチをして、ブルーボトルコーヒーでひと休みしました。我ながらこれはナイスアイデアでした。

Blue Bottle Coffee

以上、ハイライン第3セクションのご紹介でした。ほんと、数年後にここを訪れたら、まったく違う景色になっているんだと思います。人も増えて賑やかになってるんでしょうね。次回は、ジャビッツセンター側からチェルシーに向けて歩ければなと考えてます。また違った印象になるんじゃないかなと思います。

NYお勧めガイドブック

ニューヨークで暮らすための情報が最も充実したガイドブックです。僕も写真やコメントを提供して制作に協力しています。ニューヨークの紀伊国屋書店でも購入可能です。

ニューヨーク便利帳Vol.26
Y's Publishing
Y's Publishing Co., Inc. (2018-01-01)
売り上げランキング: 188,098

更新情報を
FBでお知らせします