Farm & Orchard Upstate New York

Lawrence Farms Orchards – ニューヨークから日帰りで行けるで人気果樹園

Strawberries

ニューヨーク郊外には果物狩りや野菜収穫の体験ができる農園が数多くありますが、6月の下旬に、その中でも最も人気が高いローレンス・ファームズ・オーチャーズ(Lawrence Farms Orchards)に行ってきました。

Lawrence Farms Orchards

シティーから日帰りで果物狩り

ローレンス・ファームズ・オーチャーズはワイナリーや農園が多数あること知られる緑豊かなハドソンバレーにあります。1892年から今まで家族経営が続けられている歴史が長い果樹園で、なだらかな丘にそって、様々な果物や野菜が栽培されています。マンハッタンからだと車で1時間ほど。入場料は1人3ドルです。

Lawrence Farms Orchards

イチゴ狩りに初挑戦!

今回のお目当てはイチゴ!というわけで、車を駐車場にとめて、まずは受付に向かいました。受付のある建物ではここで収穫された果物や野菜が売られています。ここでスタッフの人からイチゴを入れるケースをもらいました。

Strawberries Sign

果たしてイチゴはまだ残っているのだろうか…。一抹の不安をかかえながらも、矢印に従って、いざイチゴ狩りのエリアへ!

Lawrence Farms Orchards

イチゴのエリアに到着すると、茎が地面を這うように広がっておりました。腰を沈めて足元の茎を見てみると、真っ赤で形のきれいなイチゴを発見。大勢の人がイチゴ狩りをしていたので、もう残ってないんじゃないかと心配しましたが、まだ大丈夫でした。良かった…。

Strawberry

炎天下の中、立ってはしゃがみ、しゃがんでは立ちを繰り返し、黙々とイチゴを摘んでいきました。ほんと、このイチゴときたら、スーパーなどで売ってるのと同じくらい甘くておいしいんです…。勢いあまって、かなりの数を摘んでしまいました…。

Strawberries

丸ごとレタスも!

農園ではイチゴの他にも、様々な野菜が育てられています。僕が訪れたのは6月下旬でしたが、この時はサヤエンドウや、レタス、ほうれん草などが収穫可能となっていました。

Peas

数ある野菜の中から、僕はサヤエンドウを摘んだのですが、いやはや、その甘さにびっくりしました。自分で収穫した野菜を食べたっていうのも大きいと思うのですが、正直、生まれてこのかた、こんなおいしいサヤエンドウは食べたことがないというほどでした。

Peas

レタスも丸ごと持って帰ることができます。1つ2ドルです。

Lettuce

このレタスが大きかった。土の下までしっかりと埋まっていて、引っこ抜くのが大変でした…。ただ、このレタスもシャキっとした食感でおいしかったです。

Lettuce

こちらは、受付付近で販売されていたニンニクの芽です。一緒に行った友人が後日、炒めて食べたらしく、おつまみとして最高だったとのことでした。僕も買えばよかった…。

Lawrence Farms Orchards

収穫シーズンは5月から11月

ローレンス・ファームズ・オーチャーズは5月から11月までオープンしているので、シーズンごとに違った野菜や果物が楽しめます。以下のURLから、各季節に何がとれるか確認することができます。

http://www.lawrencefarmsorchards.com/pick_your_own.htm

7月はチェリーやピーチ、8月になるとブドウやトウモロコシ、9月になるとリンゴ、そして10月にはパンプキンが収穫できるようです。

Lawrence Farms Orchards

というわけで、今回はローレンス・ファーム・オーチャーズのご紹介でした。自然たっぷりのハドソンバレーで、気軽に果物狩りや野菜収穫が体験できるとても素敵な場所です。駐車場も広くて、受付では簡単な食事も取れるので、一日中のんびりと過ごせます。

ここから10分ほど車を走らせればハドソン川沿いの街、ニューバーグ(Newburgh)にも立ち寄ることができるので、ニューヨークからの日帰りの旅に最適です。僕もまた違った季節におとずれて、新鮮な野菜や果物を楽しみたいと思います。

ニューヨークで暮らそう!

ニューヨークに長期滞在される方にお勧めのガイドブックです。分厚いですが、家に1冊あると安心。僕も写真やコメントを提供してます!

ニューヨーク便利帳Vol.27
Y's Publishing
Y's Publishing Co., Inc. (2019-01-09)
売り上げランキング: 35,627

更新情報を
FBでお知らせします