Activity Brooklyn

ブルックリン・ネッツの本拠地バークレイズ・センターでNBAを観戦しよう

ブルックリンに新しく完成したバークレイズ・センター(Barclays Center)でブルックリン・ネッツとシカゴ・ブルズの試合を観戦してきました。

実は昨年末から、同僚と「せっかくニューヨークに住んでるし、ネッツ(Nets)の試合を観に行きたいよねー」という話をしておりまして、その想いをあからさまに周囲にアピールしていたところ、シカゴ・ブルズで働くD氏にご招待いただけることに…。あつかましくてすみませんD氏!

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

D氏にお招きいただいたものの、ここはニューヨーカーのお膝元であるブルックリン、会場内は多くのネッツファンで埋め尽くされておりました。僕たちも、普通であれば地元チームのネッツを応援すべきなのですが、そこは申し訳ない。今宵は違うんです。ブルズのD君にお招きいただいたので、間違ってもネッツなんか応援しません!今晩は心の底からブルズファン、完全アウェーにも負けないぞ!

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

コート上ではすでに選手達の練習が始まっていました。すると笑顔でシュート練習を行うどこかで見たことのある選手が…。おおお、NBAを代表するシューティングガードでありピストンズの黄金時代を支えたリチャード・ハミルトン選手ではないですか。いきなりのビックネーム…。しかもまだフェイスガードつけてない!素顔はとっても優しそう!

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

練習が終わると、ネッツを応援するオープニングのショーが始まり、徐々に試合開始にむけてネッツファンが盛り上がっていきました。僕も思わず一緒に熱くなりかけてしまいましたが、今晩の僕はいつもと違うんです!D氏が働くブルズの応援団として、心の中で打倒ネッツを誓いました。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

ここバークレイズ・センターは2012年に完成したばかりの出来立てほやほやの多目的ホールなんです。座席からコートがとても観やすく、フードコートもブルックリンにゆかりがあるお店が入っており、地元コミュニティーとの繋がりを大事にしているなーと感じました。店員さん達もみなさん非常にフレンドリーでした。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

前置きが長くなりましたが、いよいよ試合開始です。今さらなんですが、NBAの選手って本当に背が高いですよね…。とりわけ高かったのは、ネッツの11番、ロペス選手でした。ジャンプしなくてもダンクできそうでしたよ。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

そして、こちらの2番が我らがブルズのネイト・ロビンソン選手!実は、僕、以前コロラドに住んでいたときナゲッツの試合に行ったことがあって、その時彼のプレーを観てるんですよね。当時はナゲッツの選手として活躍してました。

プロフィールによると、彼は身長175センチなのだとか。それにもかかわらず、2メートル前後の大男達相手に全く引けを取らず果敢にプレーしていました。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

ただ、ジャンプ力が超人的なんですよね。この身長でダンクしちゃうんですから…。ちょっとありえません…。NBAのスラムダンクコンテストで優勝した時のダンクは必見です(動画)。あのヤオ・ミンをブロックしたなんてことも…(動画)。

ネッツのポイントガードのデロン・ウィリアムス選手(身長191センチ)とのマッチアップが多かったのですが、持ち前のスピードと瞬発力で、まったくひけを感じさせませんでした。すごいぞネイト!

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

そしてこちらは、ハミルトン選手です。トレードマークのフェイスガードを装着し、ベテランとして、随所で味のあるプレーを連発してました。

Richard Hamilton

っていうか、ロペス背高すぎ!このジャンプしてるハミルトンは身長201センチなんですよ…。ロペスはそれを超える213センチ…。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

いやー異次元っすね。しかも、みんな動き機敏だし!

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

試合は一点を争うシーソーゲームとなり、両者互角のままハーフタイムに突入しました。そして、期待を裏切らず、ハーフタイムショーは歌あり、ダンスありで盛り上がりましたよー。アメリカならではのエンターテイメントを堪能させていただきました。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

さらにこの時、驚くべきことが起こりました。ハーフタイムショーで会場のボルテージが最高潮に達した時、このお兄さんが僕たちが座っている席に近づいて来ました。そして、僕たちが座っているエリアが照明で明るく照らされて…

「おめでとう!このエリアのみなさんにP.C. Richard & Sonの割引券を差し上げます!」

おおお、なんか割引券が当たっちゃったよー!もう今晩は至れり尽くせりでございます…。ブルズファンだけど、割引券もらっちゃいます!ありがとうネッツ!

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

そんな興奮冷めやらぬ中、試合は後半戦へと突入していきました。相変わらずロビンソン選手は、ウイリアムス選手を徹底的にマーク!

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

さらにロビンソン選手、大男達の隙間をすり抜けて絶妙なパス!
随所にトリッキーなプレーを見せ、観客を魅了していました。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

第4クオーターに入っても1点差が続く緊迫した試合展開。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

試合終了に近づくにつれて、プレイヤー達の緊張感が増しているのが伝わって来ました。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

最後の最後までどちらが勝つのかわからない、手に汗握る内容。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

ダンクシュートも全力でブロック!
疲れ知らずのプレイヤー達のハイレベルな戦いが続きました。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

そして、刻々と試合終了の時間が近づいていきました。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

いやー熱い!そして高い!

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

試合終了間近になると、ファールやタイムアウトが増えて、まさに1秒単位での作戦がたてられて、両チームの選手とも、勝利に向けて最後の力を振り絞っていました。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

最終的には、残り1分を過ぎたところで、ネッツが若干リードして…

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

そのままネッツが逃げ切って試合終了!
残念ながら僅差でブルズは破れてしまいました。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

会場を埋め尽くしたネッツファンは大喜び!思わず私もその勢いに乗って一緒に盛り上がりかけましたが、ふと我にかえり、ブルズファンとして敗戦の悔しさを味わいました…。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

さて、残念ながら試合には負けてしまいましたが、この日の僕たちのお楽しみはこれからでした。なんと、ブルズで働くD氏が僕たちのために、この関係者のみがもらえるVIPパスを用意してくれていたのです。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

このVIPパスですが、試合後に関係者として選手達と話をしたり写真を撮ってもらったりできる魔法のパスだったのです…。

そしてしばらく待っていると…
ブルズの主力選手達がロッカールームから出て来たのです!

こちら、今日の試合は欠場でしたが、ブルズの中心選手として活躍するジョアキム・ノア選手。ちなみに身長は211センチ!すごく気さくな感じで、ファンや関係者の方達と話をしていました。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

こちらは今日の試合でも精力的にプレーしていたタージ・ギブソン選手。出身はここブルックリンらしいです。ちなみにこのギブソン選手の左右の二人もかなり背高いんですよ…。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

そして、待ってました!僕たちが選んだ本日のMVP、ネイト・ロビンソン選手も登場!

公称175センチらしいのですが、それよりも小柄かも…、なのにあの迫力あるプレーができるのですから、本当にただ者ではないですね。ものすごい筋肉だったので、これがバネとなって高く飛べるのでしょう。

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

実はこのあとロビンソン選手には、一緒に写真まで撮ってもらってしまいました…。

しかし、信じられないくらい贅沢な夜となりました。本当に本当にありがとうD氏。ロビンソンと写真を撮ってもらった瞬間に、僕は身も心もブルズファンになりました。

ニューヨークに住んでる以上、ネッツも応援するけど、また直接対決があった時はブルズを必ず応援します!

Brooklyn Nets vs Chicago Bulls

NYお勧めガイドブック

ニューヨークで暮らすための情報が最も充実したガイドブックです。僕も写真やコメントを提供して制作に協力しています。ニューヨークの紀伊国屋書店でも購入可能です。

ニューヨーク便利帳Vol.26
Y's Publishing
Y's Publishing Co., Inc. (2018-01-01)
売り上げランキング: 188,098

更新情報を
FBでお知らせします