Book

人生がときめく片付けの魔法

昨年末、大掃除を前にして、何かよい方法はないかと考えていたら、弟がブログでこの本を紹介していたのを発見。なんという素晴らしいタイミング!と思い、ニューヨークの紀伊国屋で購入しました。

人生がときめく片づけの魔法 人生がときめく片づけの魔法
近藤 麻理恵

サンマーク出版 2010-12-27
売り上げランキング : 19

Amazonで詳しく見る by G-Tools

物を捨てることについては、かなり訓練してきたので問題ないのですが、いつも途中でくたびれて、片付けが中途半端で終わってしまうことが多かったんです。しかし、この本を読んで、頭の中でモヤモヤしていたことが、いろいろとスッキリしました。

そして読んだことを素直に実践してみたら、結果は大成功!

以下、僕が本から学んだ片付けの基本をまとめてみました。

・一気に片付ける
・場所別ではなく物別に
・片付けの際は物を一カ所に集める
・「ときめき」を感じるかで捨てるかどうかを判断
・物の定位置を決める

ともかく片付けを始めると決めたら、一気にやってしまうことが重要だというんですね。僕はいつも片付けは数日に分けてやればいいと思っていたのですが、そういう中途半端な気持ちでは一生終わらない…。やると決めたら、祭りのつもりで、1日で全てやってしまう!この心意気が大切だったんですね。

また、部屋ごとに掃除をしていくと、物の種類も多いし、場当たり的な片付けになってしまいがち。根本的に自分の持ち物を見直すためには、同じ物を一カ所に全て集めて、一つ一つ、徹底的にその物と向き合わないとダメなんだなと思いました。

ちなみに、片付けをする物にも順番があります。

1.衣類
2.本類
3.書類
4.小物類
5.思い出の品

簡単に手をつけられるアイテムから、徐々に難しい物へと移って行きます。いきなり思い出の品とかから始めると、なかなか捨てられないし、昔の思い出に浸りはじめて、作業になりません。特に写真とか、手紙とか、かなり危険ですよね…。思い出の品に一喜一憂して、結局何もできず疲れ果てて終わり…なんてことになりがち。なので、衣類から始めるのは、非常に理にかなってるなと思いました。

僕もまず、家中にある自分の衣類を片っ端から集めて、ベットの上にまとめて置きました。それから、一着ずつ手に取って、捨てるか取っておくかを自問自答しながら、慎重かつスピーティーに片付けていきました。そうやっていくうちに、徐々に勢いが出てくるんですよね。結局途中で投げ出すことなく、本、書類、小物類、そして思い出の品と、一気に片付けを終わらすことができました。

最終的には、それぞれの物の定位置を決めることまでいければしめたもの。物を使うたびにそこに戻せば、今後は片付ける必要がないという世界が待っているわけです。

もともと物は定期的に捨てるようにしていて、持ち物は少ないほうだと思っていたのですが、それでも洋服や本など、かなりの数を捨てました。そのおかげで、クローゼットが使いやすくなり、新しい本も購入できるスペースが出来ました。

この調子で、スッキリした部屋の状態をできるだけ長くキープできればと思います。

NYお勧めガイドブック

ニューヨークで暮らすための情報が最も充実したガイドブックです。僕も写真やコメントを提供して制作に協力しています。ニューヨークの紀伊国屋書店でも購入可能です。

ニューヨーク便利帳Vol.26
Y's Publishing
Y's Publishing Co., Inc. (2018-01-01)
売り上げランキング: 188,098

更新情報を
FBでお知らせします

No Comments

Leave a Reply