Manhattan Public Art

ニューヨークのビルの屋上に立つ31体の彫刻を見つけよう

今、ニューヨークのマジソン・スクエアー・パーク(Madison Square Park)周辺でビルの屋上を注意深く見ると、人の形をしたオブジェが立っているのを目にすることができます。これ、初めて見た時は、誰かが飛び降りようとしているように見えて、若干不気味な感じがしました。

Event Horizon, originally uploaded by shinya.

でも、落ち着いてよくみてみると、高い場所からニューヨークの街を見渡しているようにも見えたり…。街行く人達を見守っているようにも見えたり…。

Event Horizon, originally uploaded by shinya.

見る人の視点、捉え方によって、その意味は様々に変わっていくこのオブジェ。実はこれ、芸術家アントニー・ゴームリー(Antony Gormley)さんというイギリスの彫刻家による一大アートプロジェクトだったのです。5thアベニューと23thストリートの交差点付近で下のパンフレットが手に入ります。

Event Horizon, originally uploaded by shinya.

現在、マジソン・スクエアー・パーク周辺を中心に、ビルの屋上などに約30体の彫刻が設置されているとのこと。エンパイヤー・ステート・ビルディングにも設置されてるらしいです。



Event Horizon, originally uploaded by shinya.

地上にも2体展示されているので、間近で見ることができます。男性の形をしてますが、ゴームリーさん自身の体が雛形となっているようです。

Event Horizon, originally uploaded by shinya.

胸と足、そして背中に丸い印のようなものがつけられています。

Event Horizon, originally uploaded by shinya.

目は開いているのか、閉じているのか…。ただ、表情は非常に穏やかに感じられました。

Event Horizon, originally uploaded by shinya.

彫刻を間近で見てから、ビルを見上げると、また違った感覚、印象を受けます。

Event Horizon, originally uploaded by shinya.

ビルの上にこの彫刻があることで、視線が上に行き、今まで気がつかなかった新しいニューヨークを感じられます。

Event Horizon, originally uploaded by shinya.

そして、いくつものビルの上にこの彫刻が立っていることで、今までバラバラだったそれぞれの建物が繋がれ、新しい関係性、意味のようなものもを作り出している気がしました。街行く人の間でも、この彫刻をきっかけに、新しい出会い、会話なんかも生まれてきますよね。

こういった街ぐるみでのアートプロジェクトが楽しめるのもニューヨークならでは。他の場所でも様々な試みが行われているはずなので、また少しリサーチしてみたいなと思います。

http://eventhorizonnewyork.org/

NYお勧めガイドブック

ニューヨークで暮らすための情報が最も充実したガイドブックです。僕も写真やコメントを提供して制作に協力しています。ニューヨークの紀伊国屋書店でも購入可能です。

ニューヨーク便利帳Vol.26
Y's Publishing
Y's Publishing Co., Inc. (2018-01-01)
売り上げランキング: 188,098

更新情報を
FBでお知らせします

No Comments

Leave a Reply